FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春
作曲・作詞:鈴木康博  編曲:オフコース
収録アルバム:(1)秋ゆく街で~オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート~ (2)SONG IS LOVE (3)SELECTION 1973-1978
演奏時間:(1)3'23" (2)3'22" (3)3'21"
オリジナル発表年月日:(1)1974年12月20日 (2)1976年11月5日 (3)1978年5月5日


元々は鈴木康博が1974年頃に書いた曲で、オフコースにとって初めてのリサイタル「秋ゆく街で」(1974年10月26日)で初披露され、同名のライヴ盤に収録された。その後、しばらくはスタジオ録音されなかったが、2年後の1976年にアルバム『SONG IS LOVE』のセッションで正式に録音され、同アルバムで発表された。
「秋ゆく街で」で演奏された際は、リサイタルを意識してか、「秋ゆく街」という歌詞が登場していたが、『SONG IS LOVE』で取り上げた際にはこの部分の歌詞を変更している。また、「秋ゆく街で」では鈴木のアコースティックギター弾き語りによる演奏だったが、『SONG IS LOVE』ではフルバンドによる演奏となっている。鈴木の弾くガットギターの音色が印象的。スタジオ版のハーモニカは当時よりオフコースのバックに参加し始めた松尾一彦。フルートは小田和正が演奏している。
歌詞は、若者の青春における葛藤を歌ったもので、同時期の小田の「ひとりで生きてゆければ」などにも通じる。
「よく大見得切って、このタイトル、付けてしまったなあと思う。青春まっただ中だから「青春よさよなら」と言えるのであって、今この年令の僕にはこの言葉はちょっとわびしい。まだ青春のつもりで頑張っているのだもの」(鈴木)
1978年発売のオフコース初のベスト盤『SELECTION 1973-1978』に収録した際には、「こころは気紛れ」と同じくヴォーカルが新たに録音し直されている。
先述のように、この曲はスタジオ録音の発表の2年前にあたる1974年の「秋ゆく街で」で初めてライヴで披露されたが、その後も「秋ゆく街で」や「オフコースの小さな部屋」で頻繁に演奏された。正式発表後も1978年頃までしばしば演奏された。コンサートのオープニングや、クロージングに起用されたこともある。1980年の「LIVE」ツアーでも取り上げられた。
鈴木は、ソロになってからアルバム『BeSide』と『forWard』の2度にわたってこの曲をセルフカヴァーしている。後者は完全コピーでのカヴァーである。

演奏者
(1)リサイタル「秋ゆく街で」第1回(1974年10月26日)
Yasuhiro Suzuki:Guitars,Vocal

(2)(3)スタジオ録音・オリジナル
Kazumasa Oda:Keyboards,Flute,Backing Vocal
Yasuhiro Suzuki:Guitars,Vocal
Kazuhiko Matsuo:Guitars,Harmonica
Ryoji Koizumi:Electric Bass,Percussions
Hitose "Jiro" Oma:Drums,Percussions
Produced by Toshifumi Mutoh,Kazumasa Oda,Yasuhiro Suzuki

この記事に対するコメント

地味ですが、初期のYassさんの曲ではけっこう知られていて、当時のライヴでは定番だったようです。松尾さんのハーモニカが非常に印象的ですね。オフコースのレコーディングに参加したばかりなのに、本当に名演だらけです。

オリジナルアルバム収録のものと、『SELECTION 1973-1978』に収録されているものは、ミックスが違っていたんですね。私は後者でばかり聴いていたので、今回久々に前者を聴いてミックスの違いに違和感を覚えました。
【2007/08/25 12:22】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/155-cae0002d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。