FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして今も
作曲・作詞・編曲:小田和正
収録アルバム:そうかな~相対性の彼方~
演奏時間:4'52"
オリジナル発表年月日:2005年6月15日


2005年6月発表の小田和正のアルバム『そうかな~相対性の彼方~』の最後に収録された、ピアノを主体としたバラードワルツ。ジャジーな雰囲気は、小田の作品には珍しい。
同年7月に公開された韓国映画「マラソン」のために書き下ろされたもので、日本版主題歌として使用された。映画が日本で公開されるにあたり、映画のイメージを歌で表現できるアーティストとして小田が候補に挙がり、打診された小田は映画を見て感動し、このオファーを快諾したという。また、2006年2月に公開された日本映画「燃ゆるとき」の主題歌にも起用されている。
小田によると、この曲の歌詞は彼の大学時代の同級生たちに思いをはせて書いたという。近年の小田の作風の1つである、自らの人生を振り返る内容でもある。NHKのドキュメンタリー番組「にんげんドキュメント“小田和正 58歳を歌う”」(2006年1月22日放送)では、この曲がクローズアップされ、小田が同級生たちや同年代のいわゆる「団塊の世代」への思いを語っている。
「(同年代に)優しくないと思うな、俺は。優しいっていうより、こうやって蹴飛ばす感じじゃない?お前ら、頑張ろうぜ、みたいな。優しく包んであげようなんて気はないもん俺。人を頼ってたら絶対ダメだと思うんだ。もちろん、友達が助けてくれたり、そういうことはもう、甘えてもいいと思うし、助けてもらうのは、いくら助けてもらってもいいと思う。頼っちゃったら・・・頼るとやっぱり離れてゆくしね、人は。うん、不思議なもので。だから、自分の力でのたうちまわる、と」(小田)
アルバム発売後のコンサートツアー「大好きな君に」で取り上げられ、ツアーを通してアンコールで演奏された。

演奏者
Kazumasa Oda:Keyboards,Vocal
Masahiro Inaba:Guitars
Yoshiyuki Sahashi:Guitars
Nathan East:Bass
Shiro Sasaki:Horn
Mansaku Kimura:Drums
Kinbara Strings Group:Strings
Hideki Mochizuki:Programming
Kaname Nemoto:B.G.V.
Toshikatsu "VOH" Hayashi:B.G.V.
Masayuki Okazaki:B.G.V.
Keiji Soeda:B.G.V.
Produced by Kazumasa Oda
Mixed by Bill Schnee

この記事に対するコメント

最後の手紙で、団塊の世代とひとくくりにしたくない一文がありましたね。
個人個人の思想を尊重している意味だと思っています。
その点は小田さんらしい。
【2007/09/23 16:16】 URL | もりかげ #- [ 編集]


最近のシングルを除いては、この曲が現時点で最後にアルバムで発表された曲です。この曲は、NHKが番組でたびたび取り上げたのが印象的ですよね。

>もりかげさん
「団塊の世代」と言ってしまうのは簡単ですが、そこにはひとりひとりの「個人主義」があるんだ、ということを小田さんは言いたかったのでしょうね。
この曲や『the flag』に関しても、同世代に突き放す格好で「頑張ろう」とメッセージを送っているそうですし、「団塊」当事者でしか分からない気持ちが込められていると思います。

「にんげんドキュメント」の手紙の部分で、小田さんは「僕はまだ走れると思います」と書いていたと思いますが、一体どこまで走るつもりなんでしょう・・・(笑)。
【2007/09/24 07:18】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/162-56df97e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。