FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのままの君が好き
oda-single09.jpg

作曲・作詩・編曲:小田和正
収録アルバム:(2)MY HOME TOWN、伝えたいことがあるんだ (3)自己ベスト-2
収録シングル:(1)そのままの君が好き
演奏時間:(1)5'49" (2)6'16" (3)5'49"
オリジナル発表年月日:(1)1992年7月25日 (2)1993年10月27日 (3)2007年11月28日


小田和正が、劇場用アニメ映画『走れメロス』(1992年7月18日公開)のために書き下ろした力強いポップナンバー。映画の主題歌に起用された。映画公開直後の7月25日にシングル発売され、最高14位を記録した。小田はこの映画で音楽監督を担当しており、シングルのカップリングには映画に使用されたBGMが収録された。
力強いビートにのせた壮大な空気感を持つ曲で、歌詞は映画を意識してか、友情をテーマにしている。「そんなに追いつめないで/誰れもきみを責めないから」などと友を励ます歌詞は、「君住む街へ」にも通じる。エンディングのコーラスを中心とした繰り返しが印象的。
シングル発売後のコンサートで何度か演奏した後、曲の持つニュアンスが変わったと感じた小田は、翌年のアルバム『MY HOME TOWN』に収録する際、曲の冒頭にイントロを付け加えている。また、エンディングのコーラスは、シングルでは小田の事務所「FAR EAST CLUB」のスタッフによるものだったが、アルバムでは米国のセッション・ミュージシャンのものに差し替えている。エンディングも若干長い。そのためか、アルバム収録版はよりソウルフルな仕上がりになっている。1997年のベスト盤『伝えたいことがあるんだ』にも、こちらのヴァージョンが収録されている。なお、佐藤竹善は両方のヴァージョンにコーラスで参加している。
2007年のベスト盤『自己ベスト-2』に収録する際は、アルバムヴァージョンのシンセストリングスを生ストリングスに差し替えている。このことについて小田は「ライヴ感が増した」とコメントしている。エンディングも若干短い。
コンサートではたびたび演奏されてきた曲で、シングルとして発売された直後から、1999年までほぼすべてのコンサートで演奏されている。その後は、2000年末のカウントダウン・ライヴ「ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON!!」と2008年の「今日もどこかで」ツアーで演奏された。「ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON!!」の模様と、1998年の「THRU THE WINDOW」ツアーの模様は、DVDで見ることができる。ライヴではアルバムヴァージョンのようにイントロがついていて、後半のコーラスがオリジナルより長いアレンジになっていることが多い。

この曲に関する映像は以下に収録されている。
(1)小田和正・コンサートツアー「THRU THE WINDOW」東京国際フォーラム公演(1998年2月3日)
DVD『K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW』
(2)小田和正・横浜八景島ライヴ ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON!!(2000年12月31日)
DVD『小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON!!』

演奏者
(1)シングル・ヴァージョン
Kazumasa Oda:Vocal
Yoshiyuki Sahashi:Guitars
Chiaki Yoshiike:Bass
Curt Bisquera:Hihat & Cymbal
Hideki Mochizuki:Synthesizer Programming
Cikuzen Sato:B.G.V.
(and many more as B.G.V.)
Produced by Kazumasa Oda
Mixed by Bill Schnee

(2)アルバム・ヴァージョン
Kazumasa Oda:Vocal
Yoshiyuki Sahashi:Guitars
Chiaki Yoshiike:Bass
Curt Bisquera:Hihat & Cymbal
Hideki Mochizuki:Synthesizer Programming
Chikuzen Sato:B.G.V.
Rose Stone:B.G.V.
Alfie Silas:B.G.V.
Mervyn Warren:B.G.V.
Rodney Saulsberry:B.G.V.
Produced by Kazumasa Oda
Mixed by Bill Schnee

(3)『自己ベスト-2』ヴァージョン
Kazumasa Oda:Vocal
Yoshiyuki Sahashi:Guitars
Chiaki Yoshiike:Bass
Curt Bisquera:Hihat & Cymbal
Kinbara Strings Group:Strings
Hideki Mochizuki:Synthesizer Programming
Chikuzen Sato:B.G.V.
Rose Stone:B.G.V.
Alfie Silas:B.G.V.
Mervyn Warren:B.G.V.
Rodney Saulsberry:B.G.V.
Produced by Kazumasa Oda
Mixed by Bill Schnee

この記事に対するコメント

映画は観ていないけど、歌は良いね。
小田さんの追い求めていた映像と音楽の結びつきがちらほらと見える仕上がりになっていると思われ。
【2007/10/10 13:19】 URL | もりかげ #- [ 編集]


結構長い期間小田さんのライヴの重要なレパートリーだった曲です。同じアルバム『MY HOME TOWN』に収録されている「my home town」「風の坂道」と双璧を成す、力強くあふれ出す気持ちを歌った名曲ですね。
小田さんをステレオタイプ的イメージで「暗い」「女々しい」と評する人には、ぜひ聴いていただきたい1曲です。

>もりかげさん
私ももちろん映画は見ていませんが、友情を題材にした「走れメロス」にはぴったりの詞作ですよね!男同士の固い友情を感じさせる力強さがあります。
この映画のために小田さんはインストをいくつか書いたそうですが、この曲も映画のサントラのようにドラマ感あふれる曲展開になっていますよね。映像に合った音楽を作ろうとする、小田さんの考えがにじんだような曲ですね。
【2007/10/10 22:43】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/164-3cc6068d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。