FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とくべつなこと
作曲・作詞・編曲:小田和正
収録アルバム:個人主義
演奏時間:4'18"
オリジナル発表年月日:2000年4月19日


小田和正のアルバム『個人主義』のラストを飾る小田らしいバラード。小田の弾くピアノを中心に、静かでゆったりとしたアレンジがされている。歌詞は、別れていた二人が再会する様子を歌ったもの。
アルバム発売後のコンサートツアー「SAME MOON!!」ツアーで、小田がピアノを弾く形で演奏された。このツアーを通しアンコールで取り上げられており、公演によってはコンサートの最後を飾っていた。それ以降はライヴで取り上げられていない。

演奏者
Kazumasa Oda:Vocal,Keyboards
Yoshiyuki Sahashi:Acoustic Guitar
Nathan East:Bass
Kinbara Strings Group:Strings
Hideki Mochizuki:Programming
Produced and arranged by Kazumasa Oda
Mixed by Bill Schnee

この記事に対するコメント

落ち着いた曲でしっくり来ますね。
サビの部分のキーボードが、いかにも小田さんの曲らしいです。
あと、最後のスロー部分が、語りかけているような感じがします。
【2008/07/03 11:13】 URL | OFFっ子 #- [ 編集]


>OFFっ子さん
ポップ感あふれる「こんな日だったね」、熱く歌い上げる「風のように」に続き、熱気を冷ますような感じが最高の曲順だと思います。前2曲に比べると有名ではないですが、その2曲にも劣らない名曲だと思います。

「時に抱かれて」「my home town」「そして今も」と、小田さんのソロアルバムのラストは決まってバラード(特にピアノバラード)ですが、この曲も本当に感動的でラストにぴったりですよね。

仰るとおり、あのキーボードの音色はソロの小田さんらしいですね。もしかしたら他の曲でも使っている音色かもしれません。小田さんの曲にはそういった特有の音があるのが面白いです。
【2008/07/06 22:42】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


こんばんは、お久しぶりです^^

ゆったりとですが、順調に更新されていますね。
皆さんのコメントやENDLESS NIGHTさんのお返事を読むのも
私にはまた楽しい時間です。

夏シリーズはどれも人気があって、私も大好きな曲ばかりですが、
最近、この「とくべつなこと」を聞き直して、
とても静かに胸打たれたばかりなのでこちらにコメントを。

小田さんの歌詞のフレーズには「時」がテーマになっていくものが
沢山ありますよね。そのなかでも「どんな哀しみも喜びも思い出の歌に
なってゆく・・・」というのが、小田さんの歌には貫かれています。
とっても儚い美しさをたたえているけれど、
それでもその儚さには涙せずにはいられません。

でも、この「とくべつなこと」や「時に愛は」では、長い坂道や時を超えて
同じふたりがまた運命に導かれたように出逢うのですよね。
「いつかどこかで」の映画もそうでしたね・・・。
儚くて短い人生のなかで二度出逢えるひとはやはり「とくべつ」です。

あぁ、大人になるにつれて感じ入る小田さんの歌詞の深さ。
私もこの曲は名曲の一つだと思います。
【2008/08/26 23:02】 URL | めぐ #T0ca3UNU [ 編集]


>めぐさん
どうも、おひさしぶりです!毎度更新を楽しみにして頂きありがとうございます。
最近は更新が鈍りがちですが(汗)、地道に最後まで進んでゆきたいと思っていますので、これからもコメントよろしくお願いします!大半の曲を紹介した感ですが、まだまだ先は長いといったところです。

そういえば、ここ最近紹介した曲(というより「ト」で始まる曲)の詞作は、時をキーワードにした曲が連続していましたね。私自身、何か共通点のようなものを感じ取ってはいたのですが、なるほどそういうことでしたね。

「ラブ・ストーリーは突然に」のように、偶然起きた「1度目の出会い」を描いたものもありますが、その後いったん別れた2人が再会する・・・というテーマの詞作も、思えば結構ありますね。「NEXTのテーマ」も、そうした将来の「再会」を望む内容でした。
【2008/08/31 13:28】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/186-7fbf081b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。