FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽はまた昇る
作曲:上条友章  補作曲:村井邦彦  作詞:山上路夫  編曲:馬飼野俊一
収録シングル:群衆の中で
演奏時間:不明
オリジナル発表年月日:1970年4月5日


小田和正・鈴木康博・地主道夫の3人により結成された「ジ・オフ・コース」(後のオフコース)のデビューシングル「群衆の中で」(1970年4月5日発売)のB面に収録された曲。「THE SUN ALSO RISES」という副題もついている。
A面の「群衆の中で」と同じく、ジ・オフ・コースが出場し全国グランプリ第2位を獲得した第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト(LMC)に入賞した作品が元になっており、アマチュア作曲家・上条友章が書いた曲に、「翼をください」などの作曲で知られる作曲家・村井邦彦が手直しをした。歌詞は「群衆の中で」と同じく著名な作詞家・山上路夫が書き下ろした。編曲も「群衆の中で」と同じく作曲家・編曲家の馬飼野俊一が手がけた。
この曲は、「群衆の中で」と同じく当時の流行の「カレッジ・ポップス」に近い作風だが、「群衆の中で」よりは明るいアレンジとなっている。小田と地主はアコースティック・ギターを、鈴木はウッド・ベースを弾いた。他にも、ハープシコードやドラムス、ストリングスも入っているが、誰による演奏かは不明。リード・ヴォーカルは鈴木が取っている。
「群衆の中で」と同じく、他人が提供した曲だったためか、その後のオフコースのアルバムにこの曲が収録されることはなかった。また、この曲はオフコースのコンサートで演奏されたことがない。
この曲は、通販用8枚組CDセット『1970-1982』や『レア・トラックス』などといった非公式盤でCD化されているが、正規のCD化はされていなく入手困難。

演奏者
Kazumasa Oda:Guitars,Backing Vocal
Yasuhiro Suzuki:Wood Bass,Vocal
Michio Jinushi:Guitars,Backing Vocal

この記事に対するコメント

『レア』を持っているので聴いたことがありますが、オフコースらしくない異色な作品ですね。彼らが作ったわけではない、ということで納得しました。

【2009/07/07 16:56】 URL | Riever #XYUoQ9/c [ 編集]


ごぶさたしております。
HPは拝見しておりましたが、なかなか書き込み出来ませんでした。

さて、この曲。私は割りと好きです。
確かに初期のオフコースには少ない
軽快な感じの曲ですよね。
ちなみに私は通販用8枚組CDセット『1970-1982』で聴いてます。
【2009/07/08 12:13】 URL | OFFっ子 #- [ 編集]


またもやレスが遅れまして大変失礼致しました(汗)。
最近(いや、ずっと前からですね…)更新が停滞していて、期待されている方には申し訳ないですが、気長に待って頂けるとありがたいです。最低でも月1回は更新したいと思っておりますので…。

さて、オフコース最古の楽曲(ジ・オフ・コース時代)の登場ですが、実はこの曲、私は持っていなくまだ全体を聴いておりません…(汗)。DVD『Off Course Digital Dictionary』の全曲試聴でかろうじて前半が聴けましたけれども。いつかちゃんと聴いてみたい曲の1つです。

>Rieverさん
『レア』ですが、一度このアルバムをネットで購入したことがあるのですが、なんと注文した後に「在庫がありませんでした」との回答が…(涙)。結局入手できませんでした。

確かに、オフコースのフォーク・ソングとはちょっと違うニュアンスがありますね。この辺は無名の作曲家が書いたということがあるのでしょう。

>OFFっ子さん
おひさしぶりです!最近も更新が停滞しているブログですが(汗)、OFFっ子さんのペースに合わせて時々足を運んでコメントして頂けるとうれしいです。

この曲は、A面の「群衆の中で」に比べれば明るく希望感のあふれたアレンジで聴きやすいと私も思います。他人の曲ながら、元気を与えてくれる、そんな感じに聞こえます。
『1970-1982』もアマチュア時代のオフコースの楽曲やシングルB面曲をコレクトできる便利なコンピレーションですよね!私は、ほぼ全曲が既に持っている曲とかぶってしまうので、予算面も含めてどうしようかなぁ…と思っている所です(汗)。でも一度はジ・オフ・コース時代のB面曲もフルで聴いてみたいです。
【2009/07/27 10:07】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/210-26eeb76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。