FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のいいたいこと
作曲:松尾一彦  作詞:小田和正・大間仁世・松尾一彦
編曲:オフコース  ストリングス編曲:鈴木康博
収録アルバム:over、Being There(松尾一彦)
演奏時間:4'52"
オリジナル発表年月日:1981年12月1日


オフコースのヒット・アルバム『over』に収録された実験的な作風の曲。松尾一彦が書いた曲で、作詞は松尾と小田和正、大間ジローの3人で行っている。一定のリズムを刻むシンセドラムをバックに、シンセ・サウンドや間奏のストリングス(編曲は鈴木康博)などミステリアスなアレンジが凝られている。
曲は2つの異なるメロディで成り立っており、松尾の多重録音のヴォーカルで両方が同時進行で歌われている。後半一時的に2つのメロディが1つに統一される箇所が感動的である。小田の低音コーラスも味わい深い。
『over』のレコーディング・セッションの模様は、当時NHKのTV番組「若い広場」(1982年1月3日放送)で公開されているが、この曲のリハーサルとヴォーカル・レコーディングの様子を見ることができる。リハーサル段階ではまだタイトルが決まっておらず、「松尾(1)」という仮題がついていた。歌はまだ入っていなく、アレンジもシンプルなままである。ヴォーカルは、メインのパートが後に録音されていることが分かる(歌詞を一部手直ししているのも確認できる)。
当時のファンクラブ会報誌で松尾自らが言及していたようにライヴで再現するのが難しい曲だが、アルバム発売後のコンサート・ツアー「over」(1982年1月~6月)でセットリストに入れられた。オリジナルに忠実なアレンジで演奏されており、オフコースの演奏技術の高さをうかがわせる。ヴォーカルは、メインのメロディを松尾が、コーラスのパートを小田が担当している。照明効果が幻想的で斬新。ツアー最終日の日本武道館公演(1982年6月30日)の模様は、ライヴ・ヴィデオ『オフコース1982・6・30 -武道館コンサート-』で見ることができる。
1982年にオフコースが自主制作したTV映画『NEXT』(1982年9月29日放送)では、「9月19日午後」のシーンでオフコースがこの曲を演奏する様子が登場し、プロモ・ヴィデオのような仕上がりとなっている。また、オフコースのメンバーが幽閉された邸宅から松尾と大間が脱出を試みる様子も挿入されている。曲はショート・ヴァージョン。
松尾はこの曲を気に入っているらしく、ソロになってからのベスト盤『Being There』にも収録している。

off_course17-1.jpgoff_course17-2.jpg
off_course17-3.jpgoff_course17-4.jpg


この曲に関する映像は以下に収録されている。
(1)アルバム『over』レコーディング・セッション
DVD『若い広場 オフコースの世界』
(2)オフコース・武道館コンサート最終日(1982年6月30日)
DVD『オフコース1982・6・30 -武道館コンサート-』
(3)映画『NEXT』、9月19日午後・演奏シーン
DVD『NEXT』
(4)ファンクラブ向けヴィデオ『RUNNING THROUGH THE FAIRWAY』(オリジナル)
DVD『Off Course 1969-1989 Digital dictionary』

演奏者
Kazumasa Oda:Keyboards,Backing Vocal
Yasuhiro Suzuki:Guitars
Kazuhiko Matsuo:Guitars,Vocal
Hitoshi Shimizu:Bass
Hitose "Jiro" Oma:Drums,Rhythm Box
Tamano Strings Section:Strings
Produced by OFF COURSE,Toshifumi Mutoh
Mixed by Bill Schnee

この記事に対するコメント

歌詞がとても心に沁みます(笑)若い広場でのこの曲のレコーディング風景が映されている場面はプロモーションビデオみたいに見えて新鮮味があってなかなか良い感じですね。
【2010/02/26 23:48】 URL | ドル #/p8pQmeo [ 編集]


本ブログでは久々登場の松尾さんの曲です。
オフコース作品としては極めて異色の仕上がりですが、各メンバーが作詞やアレンジ面で協力しているのが印象的です。みんなで仕上げたといった所なのでしょう。
元々松尾さんの曲は総じて大好きな私ですが、その中でも特に大好きな曲の1つです。間奏のミステリアスなストリングスのアレンジとか、ぞくぞくしますね!


>ドルさん
そういえば、この曲は同時進行で歌われる2つのメロディで別の歌詞が歌われており、そのコントラストも味わい深いですよね。寂しさ・せつなさがいい感じににじんでいますね。

「若い広場」のレコーディング・シーンは、曲ができるまでの様子が克明に記録されていて、この曲が好きな者としては興味深いです。松尾さんの歌入れの様子とか、2つのパートを順番にダビングしているんだなぁ、とか分かって面白いです。
【2010/03/04 14:51】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/223-6e6a31f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。