FC2ブログ
The Best Year Of My Life
オフコース・小田和正の曲を50音順に紹介するページです。
プロフィール

ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)

Author:ENDLESS NIGHTS(写真は管理人近影!?)
性別:男
出身地:リトル・トーキョー
在住地:その隣の県
好きな音楽:DREAMS COME TRUE、ポール・マッカートニー、そしてもちろんオフコース・小田和正
好きなオフコースのアルバム:4人時代と、『over』『I LOVE YOU』
好きな小田和正のアルバム:ベスト盤『Oh!Yeah!』までのアルバム
超お気に入りのオフコースナンバー:「ENDLESS NIGHTS」「夏から夏まで」他4人時代全般、松尾さんの曲、「愛のゆくえ」「美しい思い出に」「幻想」etc.
超お気に入りの小田ソロナンバー:「I miss you」「静かな夜」「君に届くまで」「so long my love」etc.
「Tough On A Tightrope」というサイトをやっています。某所のオフコース・カラオケでは主に松尾専門です(笑)。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕等の世界に
作曲:松尾一彦  作詩:小田和正  編曲:オフコース
収録アルバム:The Best Year of My Life
演奏時間:4'32"
オリジナル発表年月日:1984年6月21日


鈴木康博が脱退し4人編成となり、ファンハウスに移籍したオフコースが発表した最初のアルバム『The Best Year of My Life』(1984年)に収録されたロッカバラード。松尾一彦が書いた曲で、同アルバムに収録された松尾の曲「愛を切り裂いて」「愛よりも」と並んで、従来のオフコース・サウンドとは一線を画したハード・ロック色を色濃く強調している。3拍子のリズムや、徐々に壮大に盛り上がってゆくアレンジ、美しいコーラスワークが印象的。
独特の恋愛観を歌った味わい深い歌詞は、小田和正が書き下ろしたもの。小田は、この時期に松尾の曲「愛を切り裂いて」「君の倖せを祈れない」の作詩も手がけている。
この曲は、アルバム発売後のコンサート・ツアー「The Best Year of My Life」(1985年4月~10月)では取り上げられず、その後のオフコースのコンサートでも演奏されなかった。アルバム『The Best Year of My Life』収録曲では唯一ライヴ演奏されていない曲である。

この曲に関する映像は以下に収録されている。
(1)ファンクラブ向けヴィデオ『RUNNING THROUGH '84』(オリジナル、一部のみBGM)
DVD『Off Course 1969-1989 Digital dictionary』

演奏者
Kazumasa Oda:Keyboards,Backing Vocal
Kazuhiko Matsuo:Guitars,Vocal
Hitoshi Shimizu:Bass,Backing Vocal
Hitose "Jiro" Oma:Drums,Percussions
Produced by OFF COURSE
Mixed by Bill Schnee

この記事に対するコメント

少し寂しげな曲ですが、聴いていて独特な心地よさがあって私として松尾さんの歌う曲のなかでは結構気に入ってますね。このアルバムあたりから、康さんに変わる小田さんと対立できるボーカルとして、よい味を出してきていると思いますね。
【2010/04/21 20:34】 URL | ドル #/p8pQmeo [ 編集]


作詞小田だったのですね~
とすると 僕等の世界に 愛を切り裂いて 君の倖祈れない が三部作?
決して小田自身じゃ、歌わないだろうと思う、歌詞だけど(特に)君の・・・は
気持ち入ってるよな~今の取って付けたような歌詞よりずっと、気持ち入ってるよね。
あの頃の小田は良かったな~

【2010/05/05 23:18】 URL | 吉田タコ朗 #- [ 編集]


タイトルに「僕」が最初につく曲が松尾さんには3曲あって、最後の1曲がこれになります。
小田さんの名曲が立ち並ぶ中に収録されているので地味ですが、小田さん・Yassさんにはない独特のせつなさが胸を打ちますね。

カラオケではよく松尾さんの曲を好んで歌う私ですが、この曲も歌ったことがあります。後半、特に最後の「僕等の~世界に~はおはぁぁぁ~」はちょっとしんどいですが(汗)。

>ドルさん
『The Best Year of My Life』収録曲のほとんどが明朗でアップテンポの曲ばかりなので、この曲の静けさが際立っていますよね。だからこそ、この曲が流れた時にふと心癒されるものがあるのかもしれません。
松尾さんのヴォーカルは、小田さんともYassさんとも違う味わい深い魅力がありますよね。私もそこに惹かれています(笑)。精力的に曲を書いて、作曲家としてもヴォーカリストとしても急速に力をつけているのが、この時期の曲でよく分かります。

>吉田タコ朗さん
この頃までの松尾さんの曲の詞作は、松尾さん自身が書くか、小田さんに依頼するかのどちらかでしたが、仰るとおり「僕等の世界に」「愛を切り裂いて」「君の倖せを祈れない」がこの時期の小田さん作詞の3部作ですね(「愛よりも」は松尾さんとジローさん)。
松尾さんの書いた曲調に合わせた歌詞にしているので、いつも小田さんが歌っているラヴソングとはちょっと毛色が異なっているのが面白いですね。そんな中でも、「君の倖せを祈れない」は仰るとおりかなり気合の入った歌詞ですよね。
【2010/05/14 15:12】 URL | ENDLESS NIGHTS #9iCBz3wI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bestyear.blog61.fc2.com/tb.php/228-16b49704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。